Twitter運用のヒント!Twitterでマーケティングを行う方法とは?
2021.11.17

Twitter運用のヒント!Twitterでマーケティングを行う方法とは?

Share
LINE

インバウンドマーケティングでは、検索からのオーガニック流入を狙うほか、SNSでの媒体や記事の拡散も必要。中でもTwitterは1投稿140文字という少ない文字数で呟ける気軽さで、全世界で多くの人に利用されているSNSです。
一般の人が何気なく呟いたツイートがある日突然バズることは日常的によく見られ、発言する人がインフルエンサーでなくても、パンチのある呟きは広く拡散され多くの人の目に止まります。そのため運用者のセンスが問われるものの、逆に言えばセンスだけでコストをかけず挑戦できるTwitter。その運用のポイントを紹介します。


ビジネスにおいてTwitterPRがなぜ必要なのか

Twitter運用のヒント!Twitterでマーケティングを行う方法とは?

Twitterは日本国内で一番アクティブユーザーが多く影響力の高いSNSプラットフォーム。そのためSNSでのPRにおいてTwitterは欠かせません。他のSNSと大きく異なるのは、インフルエンサーを起用したPR施策マーケティングより、自社が主体となって情報発信をする施策の方が目立つこと。このようなPR施策を成功させるためには既存の機能を使いこなすことはもちろん、ツイートのABテストを行ってみたり、CVやKPIの設定をして、Twitterアナリティクスをまめに確認し、数値を分析、把握することが大切です。Twitterの場合、他のSNSと違って特にビジネスモードなどなく、誰でも最初からアナリティクスを確認することができます。


どんな呟きをするべきか

Twitter運用のヒント!Twitterでマーケティングを行う方法とは?


Twitterの投稿文を作成するポイント

Twitterの投稿文は会話調がベターです。かつできるだけ短くシンプルでキャッチーに。「話題を検索」 タブでトレンドを日々確認しつつ、ブランドと結びつく人気のトピックを見つけて呟きにハッシュタグを1~2個つけるとより効果的。またユーザーに対してアンケートなども気軽にとれるので使ってみるのもおすすめです。


投稿プランの立て方

新商品やイベントの発表などを盛り込んだコンテンツカレンダーを作成して計画を練ることで、一定の頻度で発信することがポイントとなります。


投稿内容は随時調整を行う

絵文字や、少し強気な表現、くだけた口調など、最初はバリエーションを持たせてツイートし、エンゲージメント状況を見ながら自社にあった表現を調整しましょう。ただしその投稿内容には一貫性を持たせることが大切です。


フォロワーとのやりとり

ツイートに対する反応、特に良い評価や役立つ情報などはマメにリツイートするようにしましょう。@ツイートには敏感に反応し、問題が複雑な場合はダイレクトメッセージに切り替えるなどして細やかな対応が必要です。ほか業界で影響力のあるアカウントをフォローしたり、リプライをしてみたり、リツイートしたりすることで関係を構築するのもおすすめです。


Twitter上での広告運用

Twitter運用のヒント!Twitterでマーケティングを行う方法とは?

さらにTwitter上でエンゲージメントを伸ばす方法として、有料広告があります。有料広告の種類は様々ありますが、代表的なものは以下の通り。


プロモツイート

PRと表示されるツイート。幅広い利用者層へのリーチや、既存のフォロワーからのエンゲージメントを増やしたい場合に通常の投稿形式にて出稿する広告です。プロモツイートは通常のツイートと同様にリツイートや返信、いいねなどが行えます。

参考:Twitterビジネス┃プロも広告について教えて下さい。


トレンドテイクオーバーとトレンドテイクオーバープラス

「話題を検索」タブにまとまって表示されるツイッターのトレンド。ここに広告を掲載するプランがトレンドテイクオーバー。さらに動画までを掲載するのが可能になるのがトレンドテイクオーバープラスです。この広告メニューはTwitterのトレンドリストや、モバイルの [話題を検索] タブの最上部に広告を24時間にわたり独占的に掲載可能なため広告として大きな効果が見込めます。

参考サイト:Twitterビジネス┃トレンドテイクオーバーとトレンドテイクオーバープラス


フォロワー数キャンペーン

自社のビジネス用Twitterアカウントをプロモーションする広告メニュー。ホームタイムライン、おすすめユーザー、検索結果など様々な場所にアカウントを表示することでインプレッションを伸ばし、より短い期間でフォロワーを獲得することを可能にします。料金は広告を通じてコン​​バージョンした新規フォロワー数に対してのみ発生します。アカウントを自分で見つけてフォローしたフォロワーや、キャンペーンで設定した目的以外の利益に対して料金が請求されることがないので良心的です。

参考サイト:Twitterビジネス┃フォロワー数キャンペーンを作成する


Twitterでマーケティングをより効率的に

Twitter運用のヒント!Twitterでマーケティングを行う方法とは?

Twitterとは、たった140文字という制限の中で意図的にバズらせることができれば非常に拡散力の高いツールのひとつと言えるでしょう。他のSNSと比べ一般アカウントでエンゲージメントや広告配信が誰でも行うことができることも魅力と言えるでしょう。ぜひ自社のTwitterアカウントを活用し、マーケティングを効果的に運用してください。

フォチューナでは、インバウンドマーケティングを意識したマーケティング支援しています。
Twitterを活用した広告代行はお気軽にご相談ください。