SEOに強いライティングと5つのテクニック。オウンドメディア記事の書き方。
2021.10.25

SEOに強いライティングと5つのテクニック。オウンドメディア記事の書き方。

Share
LINE

近年オウンドメディアは、自社の魅力を発信するツールとして取り入れる企業も多く注目されています。
システムや機能も重要な要素ですが、オウンドメディアの基礎となるのはやはりコンテンツ、記事になります。オウンドメディア記事の構成や文章制作において、基本的なテクニックを押さえれば、効果的な「オウンドメディア記事」を制作することが可能です。
本記事では、オウンドメディアの基本構成からSEOに効果的なライティングのコツをご紹介いたします。

SEOに強いページタイトルで「読まれる」記事を作る方法|フォチューナマガジン

オウンドメディア記事の書く前に準備すること

オウンドメディア向け記事の書き方。SEOとライティングテクニック。

記事を作成する前に、検索エンジン対策の項目があります。(オウンドメディア)それぞれの記事がSEOに効果を狙うためには、しっかり検討するべき5つの項目をご紹介します。


ペルソナ設定を徹底する

オウンドメディアにおけるペルソナとは、メディアを運営する企業が想定する顧客層を指します。
どのような顧客が自社の提供するサービスや商品を検索するのか、どのような興味、関心をもってサイトにアクセスしているのかを想定することで、性別、年齢、ライフスタイルをより具体的にイメージすることができます。オウンドメディアの第一歩は、ペルソナ(顧客層)の設定を行いましょう。
例えば、ペルソナ設定を「20代~30代の“おうち時間”に興味がある女性」と設定したとします。「年代×ライフスタイル」という大きなカテゴリーでは十分かもしれませんが、数あるWEBサイトの中からクリックされる確率は低くなってしまします。
さらに深掘りをしてペルソナを設定します。「28歳社会人、関東に暮らす女性。趣味はカフェ巡り。可愛い雑貨が好き。」というように、行動が想像できるように細部設定すると、オウンドメディア記事のキーワードを選定しやすくなり、ペルソナが読み進めたくなる構成が作ることができます。


キーワードと関連キーワードを選ぶ

オウンドメディアのペルソナを設定した後は、記事のキーワードや関連キーワードを決定していきます。

キーワードと関連キーワードとは…

キーワードは、記事のメインとなるワードになり、関連キーワードは検索エンジンで検索したキーワードに関連する、もしくは連想されるキーワードのことを指します。関連キーワードは、Googleのアルゴリズムによって自動的に表示される仕組みになっています。過去に検索されたキーワードやその検索頻度、参考にしたサイトなど、Web上のさまざまな情報が反映されます。

例えば、さきほどのペルソナ(28歳社会人、関東に暮らす女性。趣味はカフェ巡り。可愛い雑貨が好き。)が「家具雑貨」というキーワードを探していると仮定します。
「家具雑貨」の他に、関連キーワードを足して「家具雑貨」+「おしゃれ」や「家具雑貨」+「北欧」という関連キーワードを付けて検索する方が、ニーズに沿った記事を見つけてもらいやすくなります。そのため、興味のある関連キーワードを選定することも、重要です。
このようにペルソナを細かく設定していると、キーワードが選びやすくなります。もし公開後に記事のトラフィックが少なかったり、減少しているのであれば、サイト・オウンドメディアに使用している検索語句(キーワード)が検索エンジンにできるだけ関連しているか、見直してみましょう。

キーワードやトレンドを探す便利なツール
Googleトレンド|世界中の検索トレンドをチェックしましょう
keyword tool|750以上のGoogleキーワードサジェストを無料で入手

トピッククラスターを作る

先のキーワード選定と異なる手法「トピッククラスター」をご紹介いたします。
トピッククラスター戦略は、キーワードの検索ボリュームを考慮せず、SEOにも効果的なサイト評価を上げる手法です。多くの企業ブログやオウンドメディアでSEO対策が実施されており、他社との差別化の意味でもトピッククラスターの導入は有効です。

例えばトピック「オウンドメディアを使ったインバウンドマーケティング」とした場合、本サイト構成を例に挙げてもう少し具体的にご説明いたします。

ご覧のように、オウンドメディアに紐づくそれぞれの記事は、すべてピラーページにハイパーリンクされており、一部の記事間でもハイパーリンクされています。これによってドメインオーソリティを共有し、ひとつのクラスター内にあるすべてのブログ記事がテーマとなっている特定のキーワードに対して上位表示されるようになり、トピッククラスター全体がSERPで上位に表示されるという仕掛けです。
1つのキーワードに対し、メインのトピックを「ピラーコンテンツ」、それに関連するトピックを「トピッククラスター」として制作します。トピッククラスターを作ることで、メディア内が整理され、ユーザーが記事を検索しやすくなり、オウンドメディアとしてワンランクアップします。結果的に検索順位向上に繋がるでしょう。


競合上位サイトの情報を調査する

キーワードで検索し、競合上位サイトの情報をチェックします。
どのような記事が掲載されているのか、記事のボリュームや画像、記事以外のコンテンツなども事前に調べ、記事に必要な要素を洗い出しましょう。記事の方向性を決める際、また、独自性をどのように出すのかを考える際のヒントになります。


タイトルや見出しにキーワードを含める

タイトルタグとは、html要素のひとつで、head内に記述されたを指します。タグ内にかかれたテキストがタイトルとなり、Googleの検索結果画面にも表示される部分になります。
上位サイトの情報を調査した後に、記事のタイトルをつくっていきます。
タイトルは記事の内容を端的に示すだけでなく、キーワードを含んでいなくてはいけません。タイトルにキーワードが含まれていることで、キーワードで検索したユーザーが「目的の記事だ」と判断する際に、最も重要な情報になります。
また、タイトルをつくった後に見出しを構成していきますが、SEO対策のためにも見出しにもキーワードを含めるようにしてください。

SEOにも効果があるタイトルのコツ

オウンドメディア記事と5つのライティングテクニック

オウンドメディア向け記事の書き方。SEOとライティングテクニック。

オウンドメディアで記事を書くことがマーケティングの成功に重要なことは言うまでもありません。記事がなければ、SEOは弱まり、検索からの自然流入数も減少します。また、SNSで多くの人に薦めるコンテンツも見込めません。
実は、文章のスキルがなくてもテクニックを学び、活用さえできればSEOに効果的でかつコンバージョンに強いランディングページを誰でも書けるようになります。もちろん、効果的なテクニックをしっかり理解することは必要です。


記事の種類

オウンドメディア 5つのタイプ。

質の高いコンテンツ

心がけたい5つのテクニック。

1.引き込まれる導入部にも時間をかけよう

まずは、ユーザーが検索した際に興味を引く必要があります。最初の段落、あるいは最初の一文で読者が興味を失ってしまったら、本題に移る前に読むのをやめてしまうでしょう。シンプルに、何を伝える記事なのか理解しやすい短い文章をオススメします。抽象的な表現を避けて具体的に表示し、キーワードを適度に散りばめることもポイントです。
モバイルのアクセスを意識して、句読点や括弧、改行を(多かったら)省くことで読みやすさは格段に向上するでしょう。


2.トピックごとに整理され内部リンクをわかりやすく

オウンドメディア記事では、書き手は読み手にとって、ちょうどいい情報量を把握する必要があります。活字の多さがネックとなって離脱してしまったり読み進めるにつれて長さで敬遠されないようにするためには、セクション、リスト、ヒントなどの書式を使って情報を整理することが重要です。記事に合っていればどのような書式でもかまいませんが、必ず整理するようにしましょう。


3.適度に画像や動画を入れる

文字だけがずらりと並ぶ記事だとユーザーが「読みづらい、わかりにくい」と判断して離脱することが想定されますので、適度に画像や動画を挿入し、読みやすい記事に仕上げていきましょう。
また、適切な場所に画像や動画があることで、読者が文章を理解しやすくなるという効果も期待できます。

4.ユーザーを惹き付けるディスクリプションを考える

ディスクリプションとは、検索したときにタイトルの下に表示される部分です。キーワード検索をしたユーザーはタイトルとセットでディスクリプションを読むため、ユーザーが興味を持てる内容に仕上げていく必要があります。
なお、パソコンとスマホではディスクリプションに表示される文字数が異なります。パソコンでは120文字程度、スマホは50〜70文字程度表示されることを考慮して、ディスクリプションの前半にキーワードを入れるなど読者を引き付けることも大切です。

クリックされるディスプリクションの書き方

読者を惹き付けるだけでなく思わずクリックしたくなるディスクリプションを書きましょうディスクリプションには「これが知りたかったことだ」と読者が思えるような共感にあふれた文章にすることができます。

例えば「web マーケティング」というキーワードでの検索を想定しているのであれば、「効果的なwebマーケティングの方法を探している方へ!今すぐ実行できるマーケティングの手法を5つ、また、それぞれの手法によってどのような効果を得られるのかまとめました。ありがちな失敗例についても紹介しているので、現在のマーケティング手法の見直しにも役立ててください」と書いてみてはいかがでしょうか。
webマーケティングについての情報を求めている方がクリックしたくなるでしょう。

5.記事クオリティを担保するため最後に校正しよう

記事のクオリティを上げるためには、最後に必ず何度も読み直し、誤字はないか、不自然な言い回しや明らかに意味を取り違えて使っている言葉はないか確認してください。
とはいえ、執筆者が校正するのでは間違いに気付きにくくなってしまいます。第三者が校正を担当し、客観的に見て間違いがないのか最終チェックする仕組みがあるとよいでしょう。

ーまとめー
オウンドメディアの良し悪しは書き方にかかっている

オウンドメディア向け記事の書き方。SEOとライティングテクニック。

オウンドメディアの成功は記事の書き方にかかっています。しかし素晴らしいコンテンツとユーザーに喜ばれる記事の蓄積が大前提です。トピックからタイトル、構成、記事執筆の4つの段階をテクニックを活かしながら丁寧にたどることで、読者にとって魅力的かつSEOに効果的記事を作成することができるでしょう。
魅力的な記事を執筆し、顕在顧客(見込み顧客)の獲得や優良顧客への育成につなげましょう。

フォチューナでは手軽にオウンドメディアをスタートできるプランを作成しました。
記事の書き方がわからない方への支援、サポートもご用意しております。