伸びるメディアが導入!トピッククラスターが導入されるワケ
2021.10.29

伸びるメディアが導入!トピッククラスターが導入されるワケ

Share
LINE

トピッククラスターとは、オウンドメディアやブログなどのサイト内を最適化を行う手法の一つです。関連するトピックをまとめてメディア内の整頓ができるので、SEOの観点でも注目を集めています。本記事では、導入されるメリットを踏まえ、実践方法を紹介します。


トピッククラスターとは?

伸びるメディアが導入!トピッククラスターが導入されるワケ

トピッククラスターとは、コンテンツを戦略的にまとめサイト内の最適化を行う手法のこと。SEO対策の観点からも注目を集めているその理由は、検索エンジンの進化とユーザーニーズの多様化から、検索ワードがより具体的・複合的になったため。これはロングテールキーワードと呼ばれ、SEOにおいてこのロングテールキーワードの重要性が上がっているためトピッククラスターが重要視されるようになりました。

検索エンジンはユーザーの検索行動の変化とともに進化を続けていくため、サイト作りもユーザーの検索行動の変化に合わせて進化させていく必要があります。
今後検索エンジンはユーザーの検索意図をくみ取って、ユーザーが知りたい情報を表示させるように変化させていくと考えられています。検索キーワードに一致するページだけでなく、検索キーワードと関連していてユーザーの検索意図とマッチしていると判断した情報が表示されるようになります。

この流れに乗り、Googleはユーザーのニーズの多様化に対応してアルゴリズムを変化させたことから、トピッククラスターを取り入れることはSEOにも最適な方法です。さらに、トピッククラスターと相性のいいコンテンツとしてオウンドメディアが挙げられます。ユーザーの検索ニーズをより適切に察し、ロングテールキーワードを反映した有益なコンテンツを表示することが可能です。


トピッククラスター導入のメリット

伸びるメディアが導入!トピッククラスターが導入されるワケ

具体的・複合的な検索ワードが増加している中、ニッチな組み合わせで検索上位を狙っているメディアも多いのではないでしょうか。しかし、複合的なワードを乱雑に組み合わせてコンテンツを作成するとメディア全体が散らかってしまい、Googleにメディアを評価してもらうことができなくなったり、同じメディア内でコンテンツが競合するような事態を引き起こしかねません。だからこそトピッククラスターが役に立つのです。


導入例

上記のように、クラスターコンテンツの記事をピラーコンテンツにリンクし、ひとまとめにすることによりGoogleでのトピックのキーワードに対して検索の上位表示が狙えるようになります。


ピラーコンテンツではトピックの全体像を網羅する

ピラーは幹、クラスターは枝。
幹であるピラーコンテンツでは、そのトピックの全体像がわかるコンテンツになっていることがポイントです。


クラスターコンテンツでは関連トピックスを丁寧に解説

幹であるピラーコンテンツが扱うビッグトピックが包含するさまざまな側面や要素を個別に取り上げて解説するのがクラスターコンテンツです。記事全体がピラーに紐付き関連性を持つため、集団(クラスター)としてSEOの相乗効果が望めます。


必要なのは徹底したキーワード調査とその後のPDCA

伸びるメディアが導入!トピッククラスターが導入されるワケ

  1. 自社が狙うトピックのロングテールキーワードを徹底したキーワードを調査
  2. 検索に使われるロングテールに使われるニッチキーワードを調べる
  3. メディアに流入するユーザーの検索キーワードを定期的に分析

こうして丁寧にメンテナンスを行うことでトピッククラスターの精度が増していくのです。

フォチューナでは、インバウンドマーケティングを意識したサイト制作支援を行っています。
新規サイト、記事作成などについてお気軽にご相談ください。