SEOの内部対策とは?今すぐ実践できる方法を解説
カテゴリー:
2021.11.19

SEOの内部対策とは?今すぐ実践できる方法を解説

Share
LINE

SEOにおける内部対策って言葉をよく耳にするけど、どういうことだろう。と思っている人はいませんか?
内部対策とはエンジニアの作業領域が多いため、具体的な対策方法がわからに人も多いのではないでしょうか。本記事では、クローラーに正しい情報を伝えられるために内部対策として実践できる方法を紹介しています。


  SEO内部対策とはサイトを最適化すること。

SEOの内部対策とは?今すぐ実践できる方法を解説

内部対策とは、HTMLタグやソースを最適化を行い、メディアを設計する上で必要な対策を指します。テクニカルな項目が多くエンジニアの作業領域になります。

SEO対策には、主に「内部対策」「外部対策」「コンテンツ対策」の3つの種類があります。SEOの内部対策とは、サイトの内部に存在するコンテンツに対して施す対策です。メディアを家に例えたら、建物の土台や骨組みを作ったり、完成して人が住み始めてからリフォームをしたりするような作業と言えるでしょう。


外部対策との違い

外部対策とは「外部から認められ共有拡散してもらうための対策」で、具体的には「被リンク」と「サイテーション」を得ることを目的とします。

このように、外部対策は他サイトとの交流などのコミュニケーションおよび広報的な要素が強い、マーケティングの要素があるのに対し、内部対策は「サイトの土台作り」」といったエンジニアが扱うようなテクニカルな対策になります。


コンテンツ対策との違い

コンテンツSEOとも呼ばれるコンテンツ対策は、コンテンツの品質について評価されます。メディア内のコンテンツをしっかりと整理し、検索エンジンに正しい内容を伝えることも重要です。

したがって、コンテンツ対策は外部対策と同様に、内部対策のようなテクニカルなエンジニア寄りのタスクではなく、ライターやマーケティング担当者の領域です。


SEOにおける内部対策の効果とは?

SEOの内部対策とは?今すぐ実践できる方法を解説

SEOの内部対策を行うことで、クローラー(Webサイトのコンテンツ情報を収集するシステム)に記事を認識させる効果があります。クローラーは、人間と同じレベルで文章の意図や画像を理解できるわけではないため、内部対策ではコンテンツの内容を正しく伝えるために、タイトルや見出しタグ、キーワードの適切な設定を行う必要があります。

また、メディアの良さが検索エンジンに評価されなければ意味がありません。内部対策によって、検索エンジンからより良い評価を得られるという効果が期待できるでしょう。

さらに内部対策を施すことにより、メディアを訪問してくれたユーザーに、快適に回遊してもらえます。その結果ファンを増やし、被リンクやサイテーションを増やす効果も期待できます。

クローラーとは、各検索サイトや研究機関がWebサイトの情報を収集するために利用している自動巡回ロボットのことです。
クローラーはHTMLに記載されているリンクを一気にたどって行くため、人間のユーザーとは明らかに異なるアクセスを行います。

内部対策の方法とはコンテンツの内容を正しく伝えることが重要

SEOの内部対策とは?今すぐ実践できる方法を解説

SEOの内部対策の具体的な方法として挙げることができるのは、メディアのコンテンツ内容を正しく伝えるための対策と、検索エンジンのクローラーの巡回を促すための対策などです。どちらも検索順位の向上には欠かせない要素であり、こまめに取り組むことで確実にSEO効果が表れます。個別に詳しく見ていきましょう。
内部対策でオウンドメディアのコンテンツ内容を正しく伝える方法としては2種類の対策は、「メタディスクリプション」の設定と「見出しタグ」の設定です。
ここからは、メタディスクリプションと見出しタグの設定について解説していきます。


メタディスクリプションを設定する

メタディスクリプションは検索エンジンでコンテンツを検索した際に、記事タイトルの下に表示される120文字程度の要約文です。これによってクリック率が変わり、検索エンジンに内容を伝えるという2点において、Googleも設定を推奨しています。

内部対策では同じ検索結果で他に表示されるページと、同じような説明では差別化になりません。型どおりの説明ではなく、そのページのオリジナリティを正確に表す説明を記述することが望まれます。


見出しタグを設定する

コンテンツ内には、見出しの階層に応じてh1タグ、h2タグ、h3タグ、h4タグを設定できます。コンテンツ内に階層的に見出しを設定すると、ユーザーも検索エンジンもページ構成や構造を理解しやすくなるのです。

見出しタグに囲まれているテキストは、コンテンツ上の通常テキストよりも大きく表示されます。そのため、ユーザーにとってそのテキストが重要であるという視覚的なメッセージとなり、その見出しの下に続く本文の内容が理解しやすくなります。

Googleガイドラインや弊社独自の基準で採点し、総合評価を100点満点で表示します。SEOの完成度チェックにお役立てください。

内部対策の目的はクローラビリティを改善すること

SEOの内部対策とは?今すぐ実践できる方法を解説

Googleなどの各検索エンジンは、それぞれ独自のクローラーを持っています。クローラーが集めたコンテンツ情報を整理してSEO(検索結果)に反映していきます。クローラーがクロールしやすく、うまく巡回できるようにする「クローラビリティ」が向上すると、SEO上位に繋がるのです。
サイトを構築する際は、クローラビリティを向上させることを意識した設計を心がけましょう。

インバウンドマーケティングが得意なフォチューナは、
マーケティング活動の促進、高度なウェブサイトの構築まで
一社一社に最適なプランをご提案いたします