WordPressにおすすめのレンタルサーバー5選
カテゴリー:
2023.01.03

WordPressにおすすめのレンタルサーバー5選

Share
LINE

WordPressを使ってサイトを作る際、サーバーが必要となりインターネット上にWEBサイトのデータを置く場所を提供してくれるサービスのことを指します。サーバーには、大きく分けてクラウド、VPS、レンタルの3種類がありますが、サイトの速度やセキュリティや稼働安定性など、利用の前にしっかり把握し、サーバーの選定は慎重に行いましょう。これからWordPressを新規で立ち上げの方、既存のサーバーを乗り換えたい方も参考になるWordPressに特化したおすすめのレンタルサーバーを選ぶポイントとインストール方法を紹介します。


WordPressにオススメの選び方

WordPressにおすすめのレンタルサーバー5選

実はWordPressはレンタルサーバーを別途契約しなくても無料で使用することができるWordPress.com(WordPressが提供するサービス)があります。しかし無料プランの場合、 機能、ストレージ、訪問数には制限があるため、機能拡張や訪問者数を気にせずに運用する一般企業は、別途サーバーの用意が必要です。

WordPressにおすすめのレンタルサーバー5選
https://wordpress.com/ja/

日本国内においてレンタルサーバーを提供している会社は約100社ほど。ほとんどのレンタルサーバーで「WordPress簡単インストール」機能が付いている中で、悩む方も多いのではないでしょうか。WordPressと相性良いレンタルサーバーを選ぶポイントを紹介します。


費用・月額料金

レンタルサーバーの月額料金形態は企業によってさまざま。1サイトのみであれば、1ヶ月あたり高いコストは不要です。しかし、1ヶ月数十円のような格安レンタルサーバーでは、サイトの速度やセキュリティや稼働安定性を担保しているところは少ないのが現状です。
WordPressを利用する場合、月額費用1,000円〜3,000円前後のレンタルサーバー機能を制限されることなく運用できると思います。さらに、カスタマーサポート(メールや電話対応専用窓口)が付いていることが多いため初心者の方でも一般的なサイトを運用することができ、おすすめです。


表示速度

表示速度とは、ユーザーがサイトに訪れサイトを表示するまでの速度を指します。表示速度はサーバーと大きく関係し、サイトのアクセス数やコンテンツに合わせサーバーの容量を選択するようにしましょう。表示速度が遅いと、ユーザーにストレスを与えるだけでなく、Googleからの評価指標にも影響するため、速度が早いものを選ぶようにしましょう。


セキュリティ

個人情報を取り扱ったり、決済が生じるサイトを運用する場合、特に重要なのはサイトの安全性・セキュリティ面です。不正なサイバー攻撃からサイトを保護したり、スパム対策が、自社で実施できなくても、セキュリティサービスが高ければ安全に運用できます。また、最低限必要な機能としては、SSL常時接続とWAF(Webアプリケーションファイアウォール)、24時間監視、WordPressログインのロックなど実施できるレンタルサーバーを選ぶようにしましょう。


WordPressにおすすめのレンタルサーバー5選

WordPressにおすすめのレンタルサーバー5選

XサーバーヘテムルさくらホスティングConoHa WINGカラフルボックス
月額料金¥1,100〜
※スタンダード
¥1,100〜¥1,571〜
※プレミアム
¥911〜
※ベーシック
¥1969〜
※BOX5
初期費用¥3,300¥0¥0¥0¥0
※条件あり
サポートメール
電話
メール
電話
チャット
メール
電話
チャット
メール
電話
チャット
メール
電話
チャット
バックアップ
(14日間)

(14日間)

(14日間)

(14日間)

(14日間)
すべて税込み表記/12ヶ月契約での月額料金

国内シェアNo.1エックスサーバー

エックスサーバー(XSERVER)は、価格やスペックがまだよく分からない方におすすめ。
エックスサーバーはレンタルサーバーを提供している会社の中でも歴史も長く、大きな事故もないため抜群の安定性があります。公式サイトが発表している「障害・メンテナンス情報」では、細かい障害が多く見られますが、ほとんどの障害が数分で復旧していることから、「何かあったときすぐにサポートしてくれる」ことが分かります。

インストール手順

WordPress 簡単インストール手順|レンタルサーバーならエックスサーバー

よくある質問

Q:WordPressへアクセスすると文字化けします。
A:PHPのバージョンを切り替える事で改善する可能性があります。サーバーパネルの「PHP Ver.切り替え」より、PHPのバージョンを推奨の『PHP7.4.x』へ変更し、表示が可能かどうかご確認ください。

Q:WordPressを移転したらトップページ以外で404エラーが出るようになりました。
A:「パーマリンク設定」および該当の設定に伴い.htaccess上に記載される設定内容が有効でない可能性があります。
ダッシュボードより「パーマリンク設定」を再度おこない、エラーが解消されるかご確認ください。

Q:WordPress管理画面でテーマ・プラグインを更新すると、サイトが正常に表示されなくなりました。
A:ご利用のWordPressプラグインやテーマが、選択したPHPバージョンに対応していない可能性があります。
サーバーパネルの「PHP Ver.切り替え」より、PHPのバージョンを推奨の『PHP7.4.x』へ変更し、表示が可能かどうかご確認ください。


コスパ抜群!高速高性能なヘテムル

月額1,100円〜という低価格で利用可能なheteml。シンプルなインターフェースで優れた操作性。 WordPressがすぐ使える簡単インストール機能を使えば、即座に利用が可能です。マルチドメイン対応、データベースも100個まで作成できるので、複数のWordpressを運用できます。 7世代バックアップもついているので、大切なデータの復元ができます。とりあえず、早くWordPressでサイトを作りたい人におすすめのレンタルサーバーです。

インストール手順

WordPress のインストール|ヘテムル

よくある質問

Q:WEBサイトが表示されません。
A:ファイルを適切なディレクトリにアップロードしていない場合、当サービスでは 「 web 」 ディレクトリ内にファイルを置いていただくことでご利用いただけます。DNSが設定されていない場合、当サービスのコントロールパネルで独自ドメインを設定しただけでは、ホームページは表示されません。独自ドメインでホームページを表示させるには、コントロールパネルでの独自ドメイン設定とドメインの DNS をヘテムルのものに変更する必要があります。 ドメイン管理会社にてDNSの設定をご確認ください。

Q:WordPress サイトの表示に時間がかかるようになりました。
A:WordPress サイトについて記事が増える等の理由で表示に時間がかかる場合、コンテンツキャッシュ機能の設定をお試しください。コンテンツキャッシュの設定について

Q:海外から WordPress や MovableType の管理画面にアクセスできません。
A:海外アタックガードが有効な場合、WordPress や MovableType の管理画面にアクセスできません。海外アタックガードの設定方法について


老舗の安心感さくらのレンタルサーバ

1996年からサーバーを運営されているさくらレンタルサーバは、最も老舗で信頼性も高いレンタルサーバーです。自社でデータセンターを所有しているため、VPSやクラウド・専用サーバーといった、法人向けのサービスを提供していることが特徴です。月額1,571円(プレミアムプラン)というプランでも、月間PV5万以内のサイトであればストレスなく運用することができ、設定を行えばバックアップを取ることもできます。懸念として、途中でプラン変更ができないことです。新規契約をし直し、移行を行えば継続して利用することは可能です。

インストール手順

WordPressのインストール手順を知りたい | さくらのサポート情報

よくある質問

Q:WordPressは利用できますか。
A:WordPress(ワードプレス)は、スタンダードプラン以上でご利用可能です。さくらレンタルサーバでは、サーバーコントロールパネルからクリックでインストールできる「クイックインストール機能」をご提供しています。

Q:[バックアップ&ステージング] WordPressのバックアップやステージングサーバーでの利用はできますか。
A:対象プラン「さくらレンタルサーバ、スタンダード、プレミアム、ビジネス、ビジネスプロ、マネージド」で可能です。データベースの移行まで自動で行います。Snapup管理画面より、対象のディレクトリを指定していただきスナップショットを作成してください。詳細については、WordPressのスナップショットを作成したいをご覧ください。

Q:アドレスバーに「保護されていません」と表示される。
A:2017年1月にリリースされたChrome 56より、SSL化されていない(http://~でつながる)サイトについては、アドレスバーに「保護されていません」「保護されていない通信」という警告が表示されるようになりました。無料SSL機能を利用して独自ドメインサイトのSSL化ができます。さくらレンタルサーバで無料SSL(Let’s Encrypt)を設定する方法


速度重視ならConoHa WING

GMOインターネット社が運営しているConoHa WING(コノハウィング)はなんと言っても速度が早いこと。月額900円〜で、高機能・高性能を備え、初期費用無しで利用できる高いコスパで人気を集めています。また、特典やサポートが充実しており、学割やWordPressの人気テーマを割引価格で購入することができるため、初心者でブログを始めたい人におすすめです。

インストール手順

WordPressをインストールする|ConoHa WINGサポート

よくある質問

Q:WordPressのダッシュボードへのログインは制限出来ますか。
A:ConoHa WINGではコントロールパネル上でWordPressに関するセキュリティの設定をすることができます。ログイン制限、コメント制限、海外アクセス制限をそれぞれ操作が可能です。

Q:SSHは使えますか。
A:ConoHa WINGではSSHアカウントを作成してSSH接続をすることができます。SSHアカウントを作成するから手順をご確認ください。

Q:アプリケーションインストールでインストールしたWordPressのMySQLユーザーとMySQLユーザーパスワードが確認出来ますか。
A:インストールしたドメインの公開ディレクトリに設置されているwp-config.php内に記述がありますのでご利用のFTPソフトやファイルマネージャーからご確認ください。


安心・安全性ならカラフルボックス

月額1,480円で法人用のようなレベルのセキュリティが特徴のカラフルボックス。AIベースのセキュリティ対策システムが導入されており、サイバー攻撃からサイトを保護し安心してサイトを運用することができます。さらに、独自の地域分散バックアップというサービスがあり、データを14日間保存できることが魅力です。2018年にスタートしたサービスのため、運営歴の実績は乏しいことを除けば、スピード面、セキュリティ面どちらも高いスペックでコストパフォーマンス抜群のレンタルサービスです。

インストール手順

自動インストール機能でWordPressをインストールする方法|ColorfulBoxサポート

よくある質問

Q:誤って削除してしまったファイルの復元方法を教えてください。
A:自動バックアップデータから復元ができます。復元方法については自動バックアップからの復元方法をご覧ください。

Q:WAFは利用できますか。
A:ご利用いただけます。WAFとはWeb Application Firewallの略で、不正アクセスなどの攻撃からWebサイトを保護する機能です。標準では有効になっておりますが、403エラーが発生するなど、やむを得ない場合は無効にすることも可能です。


WordPressでサイトを作るなら最適なサーバー環境を

WordPressにおすすめのレンタルサーバー5選

WordPressは、PHPとデータベースを利用しますのでサイトを運用する際、セキュリティ強化とともにユーザーにストレスを与えないサイト作りがポイントとも言えるでしょう。サイト運営を安心して行うためにも、自社に必要な要件を確認し、自社にぴったりのレンタル・ホスティングサーバーを見つけてください。

フォチューナでは新規でサーバーをお探しの方や、既存サーバーから移管をお考えの方へサポートをしています。
導入をお考えの方はぜひお気軽にご相談ください。