Web広告を分かりやすく解説 オンライン集客の魅力とは
カテゴリー:
2022.12.18

Web広告を分かりやすく解説 オンライン集客の魅力とは

Share
LINE

オンラインでの集客といえばWeb広告。マーケットが年々拡大し、2021年には4マスと呼ばれるいわゆるオフライン広告の4大メディア(テレビ・新聞・ラジオ・雑誌)を上回る市場となりました。機械学習やオフラインとのデータ連携など新しい機能が次々と生まれ、Web広告業界は今後更なる成長が見込まれています。

 

参照:電通 2021年日本の広告費

参照:電通 2021年 日本の広告費 より

 

さて、既にWeb広告を運用をしている企業も多いと思いますが、そもそもWebで広告を出稿するメリットをご存知でしょうか。「競合他社がやっているから」など、なんとなく周りのトレンドに流されて運用していませんか?

Web広告を利用するメリットは、低予算から誰でもすぐに始められたり、細かいターゲティングができるだけではありません。Web広告の魅力を理解した上で運用することで、集客施策の効率を高めることができます

本記事では、Web広告の魅力を詳しくご紹介していきますので是非参考にしてください。

 


そもそもWeb広告とは

Web広告を分かりやすく解説 オンライン集客の魅力とは

名前の通り、Web広告とは「Web上で掲載されている広告」のことです。Web広告はインターネット広告、オンライン広告、デジタル広告と呼ばれることもあります。

Web広告を分かりやすく解説 オンライン集客の魅力とは

例えば、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで調べたいキーワードを検索窓に入れて検索します。検索結果の上部や下部に広告が表示されますが、これらもWeb広告の一種です。その他にも、TwitterやInstagram、FacebookなどのSNSやYouTubeなどの動画サイトを見ている時など、インターネット上で表示される広告は総じてWeb広告と呼ばれます


Web広告の種類

Web広告を分かりやすく解説 オンライン集客の魅力とは

ひとえにWeb広告と言っても沢山の種類があります。それぞれ特徴を理解することが重要ですが、まずは以下を押さえておくと良いでしょう。

  • リスティング広告
  • ディスプレイ広告
  • アドネットワーク広告
  • アフィリエイト広告
  • 純広告
  • 動画広告
  • SNS広告

ここでは「リスティング広告」「ディスプレイ広告」「YouTube広告」の概要を分かりやすく解説します。


リスティング広告

リスティング広告|Web広告を分かりやすく解説

リスティング広告とは、検索キーワードに応じて表示されるWeb広告のことです。ユーザー自らキーワード検索をするということはその時点でニーズが顕在化している可能性が高いため、購入意欲が高いターゲットに絞った集客が見込めます

また、リスティング広告はクリックされて初めて広告費用が発生します。これは「クリック課金型」といい、低予算から出稿することができるものです。ただし、競合状況によっては単価が高騰し結果的に費用が嵩む場合があります。予算を設計する際には業界水準を理解した上でシミュレーションすることが重要です。

媒体例|Google広告(GDN)Yahoo! 広告(YDN)


ディスプレイ広告

ディスプレイ広告|Web広告を分かりやすく解説

ディスプレイ広告とは、メディアやアプリの広告スペースに掲載されている広告画像や動画、テキストのことです。リスティング広告とは異なり、主に新開発の商品やサービスを知らない潜在層への認知を広げるために利用されることが多いです。

比較的大きい表示回数が見込めますが、広告効果を高めるにはターゲティングが重要です。年齢や性別、地域などの基本情報から閲覧履歴まで、さまざまなデータに基づいて興味・関心の高いユーザーに絞って配信することができます。ディスプレイ広告に課題がある場合はまずターゲティング設計を見直してみてください。

媒体例|Google広告(GDN)Yahoo! 広告(YDN)


YouTube広告

YouTube広告|Web広告を分かりやすく解説

最近の傾向である動画視聴時間の増加に伴い、人気のWeb広告の一つとなったYouTube広告。アクティブユーザー数が膨大で、認知拡大に有効です。ディスプレイ広告同様、細かいターゲティングが可能なので運用精度を上げることで費用対効果を高めることができます

テレビCMと近い印象を受ける方も多いかもしれませんが、YouTube広告はCM中にチャンネルを変えたり録画で早送りされるようなことがありません。スキップまでの冒頭数秒間は必ず見てもらえるので、そこでユーザーを惹きつけることが重要です。

媒体例|YouTube広告TikTok広告
参考|動画広告フォーマットの概要 – Google 広告 ヘルプ


Web広告の魅力

Web広告を分かりやすく解説 オンライン集客の魅力とは

Web広告には新聞チラシやテレビCMなどのオフライン広告では得られないさまざまなメリットがあります。ここでは、Web広告ならではのメリットを3つに絞ってご紹介していきます。


細かいターゲティングができる

ターゲティング広告|Web広告を分かりやすく解説
参照:Yahoo! JAPAN ターゲティング広告とは?ターゲティングの種類や必要性を紹介 より

Web広告媒体の多くは細かくターゲットユーザーを絞り込んで配信できるので、より効果の高い広告施策を打てるのがメリットです。

たとえば、新聞チラシやテレビCMなどのオフライン広告はターゲットでないユーザーにも広告が届いてしまいます。その場合、広告を見る人が多くても購入・成約までは至らないケースは少なくありません。

Web広告の場合は、ユーザーの性別、年齢、地域などの基本情報からWeb上の行動や検索履歴まで細かいターゲティングが可能です。つまり、自社の商品サービスにマッチするユーザーに絞って広告配信ができるということです。ターゲティング精度を高めれば高めるほど、費用対効果の高い集客が可能になります。


効果が数字ですぐに分かる

参照:Google広告 より

テレビCMやチラシなどのオフライン広告は効果測定が大きな課題ですが、Web広告はほぼリアルタイムで成果を確認することができます。広告の表示回数やCTR(クリック率)、コンバージョン数はもちろん、解析ツールを駆使する事で更に高度な効果検証をすることができます。

効果検証を行った後は、その結果をもとに施策の改善を行います。Web広告なら広告の公開後もクリエイティブや配信設定を変更することが可能です。例えば成果の悪いキーワードを除外したり、好調なチャネルの予算を増額するなど、適宜PDCAを回して広告数値を改善していくことが重要です。


その場で行動促進ができる

CTAの重要性|Web広告を分かりやすく解説

画像赤枠箇所のように、ユーザーに対して何かしらの行動を促すことをCTA(コールトゥアクション)と言います。具体的には申し込みや問い合わせ、購入などの具体的なアクションを促すもので、これもオフライン広告にはないWeb広告の大きなメリットの1つです。

仮に精密なターゲティングができても、ユーザーや見込み顧客にアクションを促せなければ最終的に得たい成果は得られません。広告から行動に結びつけるには「ユーザーに何をして欲しいのか」を明確にする必要があります。Web広告では、広告の内容に合わせてCTAの文言を変更することも可能です。

このように、Web広告は関心度の高い層に広告をリーチさせられるだけでなく、広告を見たユーザーに次のアクションを促し、売上に結びつかせることができます


まとめ

Web広告を分かりやすく解説 オンライン集客の魅力とは

オフライン広告では得られないさまざまなメリットを享受できるWeb広告。Web広告は膨大な広告予算が無くても、ターゲティングを細かく調整しながら実際の数値データをもとにPDCAを回したり、ユーザーにその場で行動を促すことができます。

フォチューナは、広告の目的や予算、商品サービスを理解した上でWeb広告の魅力を最大限活用したご提案ができます。是非お気軽にご相談ください!